アーティスト・アートディレクターの清川あさみさんの作品展が12月21日、東京・渋穀のパルコファクトリー(渋穀PARCOパート1、6階)で始まった。2008年1月7日まで。 

 清川さんは、女優やタレント、ミュージシャンとして活躍する美女を動植物に見立てたビジュアル作品を、雑誌『relax』(現在休刊)や『流行通信』で発表。それを1冊の本『美女採集 Asami Kiyokawa catch the girl』にまとめ、12月15日に出版されたことを記念して今回の作品展を開催することになった。

 「時代を動かしている女性たちを、最も美しい狀態で保存したいと思いました。例えば、蝶の標本のように。そこから“美女採集”というコンセプトが生まれた」と話す。

 “採集”されたのは、長澤まさみ、堀北真希、沢尻エリカ、井上真央、上野樹裏など、まさに旬な美女22人。一番のお気に入りは、沢尻エリカの蜘蛛(クモ)。

 「沢尻さんに初めてお會いした時に、すごくひきつけられましたね。パワーがあって、セクシーなスパイダーガールのイメージが降りてきました。人々を引き寄せる魅力にあふれていいて、でも引き寄せられた人々は蜘蛛の網に引っかかってしまうような(笑)」

 堀北真希の場合は、「母性、やさしさ、若幹の憂いを感じて、海の中で靜かに泳いでいる小さな魚、でもかわいいからグッピーになりました」。

 売れっ子の美女たちを相手にした撮影は、常に時間との勝負。「その中で、最も美しい瞬間を切り取っていくのが、すごく麵白かった」と清川さんは振り返る。

 作品展では、美女たちから受けたインスピレーションに合わせて創作した衣裝を中心に展示。清川さんは、クレオパトラなどの歴史上の女傑を例に挙げ、「いつの世も、美女が時代を動かしてきたと思う。女性が見て喜ぶことを前提に作り始めたので、興味深く見てもらえると思います。男性はコレクター気分をお楽しみ下さい」と話していた。

新聞網址:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071221-00000025-oric-ent

題目:時下美女長澤まさみ、沢尻エリカ采集

美術家清川先生的作品展在12月21日於東京・渋穀  (渋穀PARCOパート1、6階)開始,到2008年1月7日結束。

清川先生在雜誌『relax』(現在暫時停刊)以『流行通訊』的方式發表了用結合了動植物的女明星和女演員的視頻作品。為了紀念12月15日出版的『美女採集 Asami Kiyokawa catch the girl』,今天召開這次作品展。

保存當代女性最美麗的狀態,例如:象蝴蝶標本那樣。這就是美女采集概念的由來

采集了されたのは、長澤まさみ、堀北真希、沢尻エリカ、井上真央等當代22位美女,最受歡迎的是沢尻エリカ的蜘蛛造型。

初次見到澤尻,就強烈的被他的魅力吸引。美麗性感的女孩圖象落下來,擁有吸引周圍人的魅力,而被她吸引的人就象被掛在蜘蛛網上。

堀北真希那麵,母性,簡單,若幹憂愁,象在海中靜靜遊泳的小魚,所以也就成了。。(該是個魚的名字吧,沒查到)

拍攝美女最大對手是時間,拍下最美麗的瞬間是最愉快的,清川先生回憶。

作品展中,感受美女的性感結合服裝創作為中心的展示。清川先生以曆史上傑出女性為例,在世間,女性推動時代。把女性感興趣的事為前提,去欣賞。男人則告訴作家他們欣賞到的。

阿倫 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()